10.何かに使えるかも知れない命令集

■javascript部分

◇スタイルシートを変更する

	document.getElementById("id属性").style.スタイル名 = スタイル;
で、スタイルシートを変更できます。例えば、
	document.getElementById("text").style.color = '#0000ff';
と記述します。これはCSSで言うと、
	#text{ color: #0000ff; }
に相当します。

◇一定間隔で実行する

	setInterval(関数,時間間隔);
で、一定間隔で関数が実行できます。例えば、
	setInterval(f(),100);
と記述します。関数f()が100ミリ秒ごとに実行されます。

◇配列を使う

	var y = new Array();
で、y[0],y[1],y[2],・・・,という名前の変数が使えるようになります。

◇文章やタグを表示する

	document.open();
	document.write('何かの文章');
	document.close();
で、ブラウザに 何かの文章 と表示されます。
これは、javascriptを外部ファイルにしたときに威力を発揮します。

◇ランダムな値を得る

	r = Math.floor(Math.random()*20);
Math.random()で0〜1(1は含まない)のランダムな小数が得られます。
20倍して、Math.floor()で整数にすることで、0〜20までの整数を得られます。

◇画面の大きさを知る

	cw = document.body.clientWidth;
で、画面の横幅を、
	ch = document.body.clientHeight;
で、画面の縦幅を知ることができます。
正確には、bodyの幅です。

◇パソコン本体の画面の大きさを知る

	sw = screen.width;
で、本体の画面の横幅を、
	sh = screen.height;
で、本体の画面の縦幅を知ることができます。

◇スクロールの量を知る

	st = document.body.scrollTop;
で、スクロールの量を知ることができます。

◇マウスの位置を知る

	x=event.x;
で、マウスの横座標を、
	y=event.y;
で、マウスの縦座標を知ることができます。

◇マウスが動いたら実行する

	document.onmousemove = f;
で、マウスが動いたときに関数f()が実行されます。マウスが動き続けている間は、
何回も実行されます。

■HTML部分

◇クリックされたら実行する

	<input type="button" value="ボタン名" onClick="f()">
で、ボタンが表示されます。クリックされると、
javascriptの中にあるf()と言う関数が実行されます。

◇外部ファイルにする

	<script language="JavaScript" src="jsファイルのURL"></script>
で、jsファイルのURLにあるjsファイルを読み込みます。

< 9.世界に公開しよう □ ホームページ □  >