図形を表示してみる

Eclipseのインストールの概要

1.今回のAndroidアプリ開発は

今回は、四角や丸などの図形を表示するAndroidアプリを開発します。これは、前回のAndroidアプリを、少し改造するだけで開発できます。

2.プロジェクトを作る

前回のプロジェクトを再利用することにします。

3.Activityプログラミング

Start.java の方は、前回のままでOKです。

4.Viewプログラミング

Screen.javaの方を、次のように変更します。

■ソースコード

package my.start;

import android.content.Context;
import android.view.View;
import android.graphics.*;

public class Screen extends View {

	public Screen(Context context) {
		super(context);
	}
	@Override
	protected void onDraw(Canvas c) {
		super.onDraw(c);
		Paint p = new Paint();
		
		c.drawColor(Color.BLUE);
		
		p.setARGB(255,100,100,255);
		p.setStyle(Paint.Style.STROKE);
		p.setStrokeWidth(5);
		c.drawCircle(80,160,60,p);
		
		p.setARGB(255,100,100,255);
		p.setStyle(Paint.Style.FILL);
		c.drawCircle(240,160,60,p);
		
		p.setARGB(255,100,100,255);
		p.setStyle(Paint.Style.FILL);
		c.drawRect(20,180,140,300,p);
		
		p.setARGB(255,100,100,255);
		p.setStyle(Paint.Style.STROKE);
		p.setStrokeWidth(5);
		c.drawRect(180,180,300,300,p);
	}

}

■ちょっと解説
今回のメインも「 onDraw 」の中身です。

		super.onDraw(c);
		Paint p = new Paint();
		
		c.drawColor(Color.BLUE);
		
		p.setARGB(255,100,100,255);
		p.setStyle(Paint.Style.STROKE);
		p.setStrokeWidth(5);
		c.drawCircle(80,160,60,p);
		
		p.setARGB(255,100,100,255);
		p.setStyle(Paint.Style.FILL);
		c.drawCircle(240,160,60,p);
		
		p.setARGB(255,100,100,255);
		p.setStyle(Paint.Style.FILL);
		c.drawRect(20,180,140,300,p);
		
		p.setARGB(255,100,100,255);
		p.setStyle(Paint.Style.STROKE);
		p.setStrokeWidth(5);
		c.drawRect(180,180,300,300,p);
それぞれは、次のような働きがあります。

□c.drawColor(Color.BLUE);
画面全体を青色にする

□p.setARGB(255,100,100,255);
色を不透明な水色に設定

□p.setStyle(Paint.Style.STROKE);
図形のスタイルを「線」に設定

□p.setStrokeWidth(5);
線の太さを5に設定

□p.setStyle(Paint.Style.FILL);
図形のスタイルを「塗りつぶし」に設定

□c.drawCircle(80,160,60,p);
中心(80,160)、半径60の円を描く

□c.drawRect(20,180,140,300,p);
左上(20,180)、右下(140,300)の四角形を描く

他にも、こんなのがあります。

□c.drawLine(50,50,100,100,p);
(50,50)から(100,100)へ線を描く

□c.drawPoint(100,100,p);
(100,100)に点を描く

5.実行してみる

実行してみましょう。次のように表示されたら成功です。

android is01 android app

(今回から実機デバッグ(au IS01)です。Androidエミュレータと違って、数秒で実行できます。)

6.次回のAndroidアプリ開発は

今回は、いろいろな図形が表示できるようになりました。次回は、画像を表示してみましょう。