Android Plug-in のインストール

Eclipseのインストールの概要

1.今回のAndroidアプリ開発は

今回は、Eclipse を Androidアプリ開発仕様にしましょう。まず、Eclipse に、Android Plug-in をインストールして、次に、Android SDK の場所を教えてあげます。

2.Eclipse に Android Plug-in をインストールする手順

Eclipse を Androidアプリ開発仕様にするため、Android Plug-in をインストールします。

■インストールの手順

  1. Eclpseを起動
  2. 「ヘルプ」の中の「ソフトウェア更新」
  3. 「使用可能なソフトウエア」の中の「サイト追加」
  4. ロケーションに、
    http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
    と入力して「OK」
  5. http://dl-ssl.google...が追加される
  6. その中の Developer Tools にチェックを入れて、「インストール」
  7. 待つ・・・
  8. インストールの確認ページが表示されるので、「次へ」
  9. 同意して、「終了」
  10. インストール開始
  11. 待つ・・・
  12. 証明書を信頼するか聞かれるので、「すべて選択」で「OK」
  13. 再始動するか聞かれるので、「はい」

これで、Android Plug-in がインストールされました。
(エラーが出る場合は、前回の「Windowsの設定」ができていないのかもしれません。)

3.Eclipse に Android SDK の場所を教える手順

Eclipse を Androidアプリ開発仕様にするため、、Eclipse に Android SDK の場所を教えてあげます。これは簡単です。

■操作の手順

  1. Eclipseを起動
  2. 「ウインドウ」の中の「設定」
  3. 左のメニューから「 Android 」を選択
  4. SDK Location: 横の「参照」
  5. Android SDK をインストールしたフォルダを選択して、「OK」、そして、「適応」
  6. Android 1.5 とか Android 1.6 とか表示されれば成功
  7. 「OK」で閉じる
  8. Googleに情報を送るか聞かれる場合は、送りたくなければチェックを外して、決定

これで、Eclipse は Android SDK の場所を知りました。

4.次回のAndroidアプリ開発は

これで、基本的なインストール作業は終わりました。すぐにでも、Androidアプリを開発することができます。でも、その前に、作った Android アプリをパソコンで実行できるようにしましょう。次回は、仮想的なAndroid端末であるAndroidエミュレータを作成します。