Windows の設定

Eclipseのインストールの概要

1.今回のAndroidアプリ開発は

今回は、前回インストールした Android SDK の中の tools フォルダの場所を Windows に知らせるための設定をします。これには、環境変数の Path というやつを編集します。

2.Android SDK の tools へパスを通す手順

環境変数を編集します。ちょっとややこしいです。

■tools の場所を知る手順

  1. 「 android-sdk-windows 」フォルダの中の「 tools 」フォルダをクリック
  2. 「 emulator.exe 」を右クリック
  3. 「 プロパティ 」で場所をコピー
  4. 僕の場合は、
    C:\Program Files\My\android-sdk-windows\tools
    をコピー
  5. 「 プロパティ 」を閉じる

■Windowsの設定手順

  1. マイコンピュータを右クリック
  2. 「プロパティ」
  3. 「詳細設定」の「環境変数」
  4. システム環境変数から「 Path 」を選択して、「 編集 」
  5. 変数値の最後が;であることを確認
  6. ;が付いていなければ付ける
  7. 変数値の最後に、さっきコピーした文字を貼り付ける
  8. 変数値の最後に;を付けて、「OK」
  9. 「OK」「OK」ですべて閉じる

3.パスが通っているか確認する手順

うまくパスが通ったか調べて見ましょう。

■Windowsの確認手順

  1. コマンドプロンプトを起動する
  2. 「 emulator.exe 」と入力して、決定

「操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。」と表示されたら失敗。もう1度設定し直して見ましょう。

「emulator: ERORR: you ...」と表示されれば成功です

4.次回のAndroidアプリ開発は

今回は、ややこしかったと思いますが、これで、windows が Android SDK を使えるようになりました。次回は、Eclipse に Android Plug-in をインストールして、Eclipse から Android SDK を使えるようにしましょう。