Android SDK のインストール

Eclipseのインストールの概要

1.今回のAndroidアプリ開発は

今回は、いよいよ Android SDK をインストールします。インストールには、それなりに時間がかかります。

2.Android SDK とは

Android SDK は、名前の通り Androidアプリ開発環境のメインとなるキットです。この中には、仮想的な Android 環境をパソコン上に作るエミュレータも含まれています。Android SDK の公式サイトから、無料でダウンロードできます。

3.Android SDK のダウンロード手順

Android SDK をダウンロードする手順を詳しく見て行きます。

現在の最新バージョンの「 Android-sdk-r08 」をダウンロードします。

■ダウンロードの手順

  1. Android SDK | Android Developers )にアクセス
  2. 「 android-sdk_r08-windows.zip 」をクリック
  3. ダウンロード開始
  4. 待つ・・・
  5. ダウンロード完了

*Windows環境でない人は各自のものを選んでください。

4.Android SDK のインストール手順

Android SDK をインストールする手順を詳しく見て行きます。

■インストールの手順

  1. android-sdk_r08-windows.zip を解凍する
  2. 「 android-sdk-windows 」フォルダが作られる(このフォルダは、後で動かすのが面倒になるので、ちゃんとした場所に置く)
  3. 「 android-sdk-windows 」フォルダの中の「 SDK Manager.exe 」を実行
  4. Refresh Sources が開始される
  5. Cloose Packages to Install ページになる
  6. パッケージを選択できるらしいが、Accept All にチェックを入れて「 Install 」
  7. インストール開始
  8. 待つ・・・
  9. ADB 更新の確認が出るので、「 Yes 」
  10. ADB: * daemon started successfully * と表示されて完了
  11. 「 Close 」

これでインストールは完了です。

5.次回のAndroidアプリ開発は

今回は、Android SDK をインストールしました。これで基本的な開発環境は準備できましたが、まだ、使えません。次回は、Android SDK に含まれる tools の場所を Windows に教えてあげます。